タモンと暮らすんだモン

初めてのネコとの生活

タモン目の上を負傷!ぶつけたのかと思ったら、引っ掻き傷でした。

4月の中旬のとある昼間の出来事です。

(本当は平成の内に記事に書きたかったのですが令和になってしまいましたσ^_^;)


タモンの方を見たら、アレ⁉︎目の上をなんか怪我してる⁉︎


赤くなって傷が出来た状態で、何事もなかったかのようにいつものお気に入りのスライムで遊んでいました(^^;;







さっきまで何ともなかったのに、突然赤く傷が出来ていたので、てっきりスライムを追いかけて壁に激突でもしたかな、くらいに思っていました。


ちょうど春になり予防接種へ行かないとなと思っていた所だったので、次の日に動物病院へ連れて行きました。


私『どこかにぶつけたのかなと思って〜』


先生『これは引っ掻き傷だね。後ろ足でかいたんだよ』


エ⁉︎そうなの⁇
普段あまり足で掻く仕草をしているところを見たことがなかったのでちょっと驚きました。


ちなみに先生曰く、猫はそんな箇所をぶつけないそうです(^^ゞ
そうだよね〜〜、猫って身体能力高いもんねw


先生はピンセットで摘んだ脱脂綿に何かを付けて耳の中を掃除してくれ、『ちょっと汚れているね。猫耳だ』と見せてくれました。


確かに少し汚れが付いていました。


耳の中が痒いことで、後ろ足で掻こうとして引っ掻き傷になることがあるそうです。


先生は薬を塗ってくれて、『塗り薬も出しておくから1日1回つけてね』とのことでした。


その後予防注射をし、帰りました。


スポンサーリンク



病院から出された薬がこちらです。


どうやら抗菌剤のようですね。


夫が毎日、綿棒で薬を塗ってあげていました。



『薬を塗った後は30分くらい経たないと浸透していかないから、その間は舐めない様に必要だったらエリザベスカラーを付けてね』と先生からは言われたので、一応その通りにしました。


久しぶりのエリザベスカラーです。


顔の周りの感覚が分かりにくくなるので、ピアノの椅子の脚にゴンゴンぶつかっていましたw



『30分たったら外してあげるからね〜』



そんな感じで数日薬を塗ったところ、傷はあっという間に良くなり、表面のかさぶたもフケのようにポロポロと剥がれ落ちて元どおり皮膚は毛に覆われました。


ただ少し気になるのが、耳の下側の皮膚に黒っぽい斑点のようなホクロ⁇シミ⁉︎が出来ていること。


反対側(左耳)の皮膚の辺りには何も出来ておらず真っ白なので不思議です。


ネコでもシミって出来るんですかね〜〜⁇


傷では無さそうなので、とりあえずはそっとしておこうと思いますw



✿ お読みいただきありがとうございました ✿


かわいいネコ達がいっぱい♡
〈にほんブログ村テーマ〉

▼ 猫と暮らす

▼ 猫な毎日♪

▼ 猫ブログのお友達☆

▼ メインクーン

▼ 大きくなる猫

▼ お手数ですが、下記のバナーを応援クリックして頂けましたらとても嬉しいです(≧∇≦)

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
✿ いつも足跡を残して下さりとても励みになります!本当にありがとうございます❤︎(*^^*)